忍者ブログ

ひとひらの。

日々の出来事や小説の更新情報など気ままにつづっています。

魔眼 虚夢の館『04』更新

何だかんだで下の子の体調がギリギリ回復しまして、無事旅行へ行くことが出来ました(*^▽^*)♪

行きたがっていたところへ行けて、大いにはしゃいで大満足で帰ってきたら……今度は上の子が発熱((+_+))

旅行中に発病しなかったのが不幸中の幸いでしたが(^^;)下の子のが伝染ったというよりは疲れとはしゃぎ熱が出たような感じで、一日学校を休むだけで済みました(^-^;



話は変わりまして、虚夢の館『04』更新です。

全八話予定の折り返し地点まで来てようやく章タイトルの場所に来れました(笑)

次回は虚影との戦闘に突入です<(_ _)>


拍手[2回]

PR

魔眼 虚夢の館『03』更新

下の子が溶連菌感染症にかかってしまいました(>_<)

日曜日の朝発熱して、月曜日に小児科へ連れて行ったらそう診断されて、今週はずっと幼稚園をお休みです……何が可哀想って、今週お誕生日だったんですよね……せっかく注文していたケーキも食べられず、週末予定していた旅行も危うい( ;∀;)楽しみにしていたのに……(ノД`)・゜・。

今日の診察で溶連菌の方はもう治っていて登園許可証ももらったのですが、それとは別に下痢が続いていてそれがネック(T_T)後は下痢さえ治まれば旅行に行けるんだけどなぁ……厳しそうだなぁ(;´д`)


話は変わりまして、虚夢の館『03』更新です。

充分見直せていないので、読みずらい箇所があったらすみません。また後で推敲すると思います……旅行に行くかどうか分からなかったのでとりあえず更新しておこうと思い……^_^;

以下、今回更新分の話です。ネタバレを含みますので、まだ読んでいないよ~! という方はお気を付け下さい↓







ドルクはチャンスを逃しません(笑)攻めますね(^-^;

リルムの話に出てきたドルクの「過去に多分すごく好きだった赤毛の女がいた」説に該当する赤毛の女はもちろんフレイアのことです。

彼と過去に出会っていることを知らない彼女には想像しようもないことなんですけどね(^^;)

ドルク自身フレイアと再会するまで自分の気持ちに気付いていませんでしたから、無意識のうちに彼女の面影を求めていた表れと言えるのでしょうが。

ドルクは以前フレイアに想いを告白した時に「これまでみんなが当たり前のように言う、誰かを好きになるという感覚が分からなかったから、時間がかかりました」と言っていて彼女以外に好きになった女性がいないことを伝えているのですが、リルムのような第三者から上記のような話を聞かされると、当事者としては「そうなのか?」と揺らいでしまうところがあるだろうなぁと思い、今回の話の流れになっています。

結果的にドルクが「オレが心を囚われたのは、後にも先にも、あなた一人だけですよ」と、もう一度きっちり伝えてフレイアの揺らぎを収めてしまっている辺りはさすがですね(笑)抜け目ない(^▽^;)

不確かな言葉で不安になる恋愛には、確かな言葉が一番の妙薬なのかもしれません(^-^;

拍手[3回]


魔眼 虚夢の館『02』更新

今日は注文していた下の子の新しい自転車を自転車屋さんに取りに行って、そのまま公園へ行って補助輪なしで乗る練習に初チャレンジしました。

が、風が強かったこともあってちょっと難しかったらしく、次回以降に持ち越し(^^;)
もうすぐ五歳、今年中に乗れるようになるといいのですが(^-^;

以下今回更新分の小説の話になります。ネタバレを含みますので、まだ読んでいないよ~! という方はお気を付け下さい↓







持ちこたえられないアレクシスの話ですが、あれ、実は友人の友人から聞いた実際の体験談に基づいています(笑)

聞いた時はそんな漫画みたいなことが本当にあるのかと爆笑しつつビックリしたのですが(;'∀')そういうこともあるものらしいです……まあ経験を重ねていくうちに持つようになるものらしいのですが(友人の友人談)

アレクシス、頑張れ(^▽^;)

拍手[1回]


魔眼 虚夢の館『01』アップ

梅雨の季節ですねー……雨に濡れる紫陽花は綺麗ですが時々は晴れてほしいなぁ(^-^;


新章開幕です、全八話の予定です。
宜しければお付き合い下さい<(_ _)>

今回は久々にお仕事編ですね……新キャラが出てきて賑やかですが(笑)フレイアとドルクの関係にどう影響してくるのか(^^;)

クセの強い人達のそろった章になりそうです(;'∀')

拍手[2回]


魔眼『器用な指先』アップ

読み切り短編です。

このシーンのぼんやりとした構想は以前から頭の中にあったのですが、本編の中では登場させる機会がなさそうだなぁと思い、挿話として書き下ろしました。

ドルクの指を意識しているフレイアが書きたくて(笑)

こういうシーンだけ書きたい! というものがまだいくつかあるので、それもこうして形に出来たらいいなあ(*^-^*)

拍手[3回]