忍者ブログ

ひとひらの。

日々の出来事や小説の更新情報など気ままにつづっています。

魔眼 私の王子様『01』アップ

夏休み突入!

子供は大喜びヽ(^o^)丿、大人はぐったり(;´Д`)です(苦笑)

楽しい予定も沢山だけど自分の時間は激減……早く二学期始まらないかなぁ……(~_~;)



魔眼新章開始です。

全四話+挿話になる予定です。

以下、今回更新分の話になりますので、まだ読んでいないよ~! という方はお気を付け下さい。










前回、次章は今までと違う視点で描いてみたいと思っています、と予告していたのですが、今回の話を読んで「あっ、そういう意味!?」と思われた方もいたのではないでしょうか。

違和感が拭えなかったらすみません。

第三者から見た二人の様子を描いてみたかったのです。

エリスは良くも悪くも純粋無垢に育てられたまだ初恋も知らない娘で、ドルクに対する淡い想いが何であるのか全く理解していません。そしてかなりの天然ちゃんです(^^;)

彼女の視線を通した物語を楽しんでいただけるといいのですが……(^-^;

エリスが視線を逸らした隙にドルクがやらかしたのは、お約束のあれです。頬についたお菓子の欠片を直接パクッとするヤツです。

フレイアは基本甘いものが好きですが、彼女がマルコのお菓子に目を輝かせた一番の理由はその色形の可愛らしさでした。

最初の話以来なかなか挟み込む機会がないのですが、フレイアは可愛いものが大好きなのです。

拍手[0回]

PR

魔眼 虚夢の館『08』更新

うだるような暑さが続きますね(;´д`)……今日は昼間はプールを出して子供達を遊ばせ、夕方は公園へ行って下の子の自転車の練習をしてきました。

自転車の練習は今回三回目になりますが、公園を一周はまだ出来ないものの、だいぶ一人で漕げるようになってきたかな……という感じでした。ただ遊具の誘惑が強いらしく、練習の方はだいぶ気がそぞろでしたが(^^;)まあ仕方がないですかね(苦笑)

話は変わりまして、虚夢の館『08』を更新しました。

虚夢の館編はこれで完結になります(*^^)v

以下、今回更新分の話になりますので、まだ本編を読んでいないよ~! という方はお気を付け下さい↓








今章はフレイアの意識に大きな変化のあった章でしたが、いかがだったでしょうか。

明確な言葉は交わされていませんが、ドルクの方もフレイアの変化に気が付いていますので、次章からまた少し二人の関係が変わっていくのかな……そんなこともあり次章は今までと違う視点で描いてみたいと思っています(^^)

リルム達はまたそのうち登場する予定です、その時はリル、アレク、とフレイアに呼ばれるんでしょうか?(;´∀`)

そうなるとベルンハルトだけ仲間内での愛称がなくてちょっと可哀想な感じになってしまうかな(;'∀')彼は多分そういうの気にする性格じゃないとは思うんですが……(^-^;

拍手[2回]


魔眼 虚夢の館『07』更新

予告通り今回は文字数多めの更新になりました(^^;)

ドルク視点でのこういうシーンは久々だなぁ……「another side」以来かな?

男性視点で書くのも楽しいです。新鮮で(笑)

以下、今回更新分の話になりますのでまだ本編を読んでいないよ~! という方はお気を付け下さい↓









フレイアが自分の気持ちを自覚してからの初めてのキスになるので、当初はフレイア視点にしようかとも思ったのですが、それだとドルク視点が大幅に少なくなってしまうし、色々な葛藤を抱える彼の内面も描きたかったので、今回はドルク視点にしました。

せっかく男性視点なのでもうちょっと色っぽい内容にしたかったのですが、何せフレイアの格好がハイネックの防護スーツの上に鎧を着ている完全武装なので、状況的に難しかったです(苦笑)ドルクの体調も万全ではなかったですしね(;^ω^)

彼らがフロマの実(←作者のイメージ的には桃系の果実です(^^))を採りに行っていた時間はだいぶ長かったと思うのですが、その間アレクシスとベルンハルトはどうやってリルムをなだめすかしていたのやら。多分、

「冷めちゃうから先に食べていようかー」
「そうね」
「食べ終わったタイミングでデザートが届いたら最高だよなー」

なんて感じで朝食を先に食べ始め、食べ終えた時点でまだ戻ってこない二人に、

「ちょっとあの二人、遅いんじゃないの?」

とイライラし始めたリルムにアレクシスが食後のお茶なんか注ぎながら適当に話を振って彼女の気を紛らわしつつ、内心では

(意識が戻りたてのクセにイチャイチャし過ぎなんだよ、ランヴォルグ! いい加減戻ってこいっての!)

と毒を吐き、そんな彼らを我関せずといった態度のベルンハルトが食後のお茶を飲みながら漫然と眺めている感じですかね。

ベルンハルトは基本アレクシスにリルムを任せっきりで面倒くさいことには首を突っ込みません(笑)要領がいいというか、放任主義というか。まあ彼のような性格でないとアレクシスとリルムと行動を共にするのは無理でしょうね(苦笑)

アレクシス、いつかストレスではげないといいんですが(;'∀')


拍手[3回]


魔眼 虚夢の館『06』更新

今回はいつもに比べて文字数少なめの更新になっています(^^;)

下手したら前回の半分くらいかもしれない……話の区切り的にどうしてもそうなってしまいました(;'∀')

次回は逆にいつもより文字数多めの更新になるかと(;^ω^)

余談ですが、各地のギルド周辺に傭兵さんを当て込んだ種々のお店があるのだという情報を今までの話の中で入れたいと思いながら入れられていなくて、それを今回ようやくねじ込むことが出来ました(^▽^;)

本当はもっと説明臭くなく挟み込みたかったのですが……難しいなぁ(>_<)

拍手[2回]


虚夢の館『05』更新

じめじめと梅雨らしい気候が続いてどうしても不快指数が高まりますね(;´д`)

明日明後日と小学校幼稚園での参観が続くのですが、天気予報では週末から30度超えが続くとか何とか……キツいなぁ~((+_+))

皆さんも体調にはお気を付け下さい(^^;)



話は変わりまして虚夢の館『05』更新です。

この世界では人の怨念を取り込んで実体化した存在を『虚影(ホロウ)』という総称で呼んでおり、虚影は構成要素や存在期間などによって脅威レベルがまるで違ってくるという設定です。個体ごとに形状も強さも異なり、ひと括りに『虚影』と言ってもその幅は大きく見極めが難しいとされています。

虚影の特徴として挙げられるのが精神攻撃です。人の心の弱い部分を突くのを得意とし、『慟哭』と称される精神攻撃を伴った波動は全ての虚影に共通する攻撃手法です。

今回フレイア達が対峙した虚影は最強ランクという設定でしたが、どれだけの負を集めたらああいうモノが出来上がってしまうのか……こんな存在を生み出してしまうような人生は送りたくないものだなぁと思ってしまいました(^-^;

拍手[2回]